秋田県秋田市にある痛くない歯医者さん、おときだ歯科医院


入れ歯
入れ歯の種類
総入れ歯
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。
部分入れ歯
失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健康な歯が一本でも残っていることが条件となります。取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。
保険の入れ歯
最大のメリットは治療費用が安いことです。
基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
バネのない入れ歯
ノンクラスプデンチャー
特徴
  • 金属のバネを使用しないため、自然な美しさになります。
  • お口に入れたとき時の違和感、圧迫感がぐっと少なくなります。
  • 審美的な入れ歯のため保険外となります。
入れ歯に金属が使用されているか、いないかで口元の印象は大きく違います!
ノンクラスプデンチャーが快適な毎日をお届けします。